避難訓練

2019年5月19日(木)

城東消防署立ち合いの下、『火災警報器発動・避難訓練』を行いました。

夜間の火災発生を想定し、介護職員4名が夜勤者3名、日直者1名の役割を担い、訓練に挑みました。

 

実際に火災報知器を使用し、館内へ火事を知らせます。

IMG_0731

 

職員が利用者様に火事ぶれを行いながら避難を行います。

IMG_0748 - コピー   IMG_0746 - コピー

IMG_0745 - コピー   IMG_0739 - コピー

全員避難したことを確認し、利用者様の人数を数え、非常災害対策委員長へ報告します。

 

 

避難訓練を終えた後、『初期消火訓練』を行いました。

消火器、消火栓の使用方法について説明を受け、参加職員一人ひとりが実践しました。

IMG_0760   IMG_0779

4月から働いている新人職員も参加しました。

消火栓は初めて触れたということで、威力に後ずさりながらも懸命に取り組んでいました。

非常時に迅速な対応ができるよう、今後も訓練を重ねて参ります。

                                             非常災害対策委員会